Fleurs de la cerise Annexe

low-carbohydrate lesson * strawberry roll cake

新年明けましておめでとうございます。
昨年中は多くの方に支えていただき感謝しております。
新しい1年も素敵な出会いと時間を共有出来たら嬉しく思います。

今年初のアトリエレッスンは
初の低糖スイーツレッスンでした!
b0249307_15381387.jpg

なんかとっても甘そう〜に見えますね??

見た目はスイーツですが、実は殆ど甘くないのです。
(しかし、低糖に慣れた舌には甘く感じるのですよ!)
ロールケーキ1本の糖質はわずか8.2g(素材由来:スポンジ+生クリーム)
もし1本食べてしまっても市販のケーキ1切れの糖質量にもなりません。
ロールケーキ1切れですといちごを加えても2-3gほどです。

通常のスポンジ生地のように小麦粉や砂糖を使いませんし
栄養的にはタンパク質と脂質から出来ているので
栄養補給ケーキです。
小麦粉や砂糖を使いませんが
低糖質スポンジにありがちな喉に詰まるようなごわごわ感も
舌に感じるザラザラ感もなくしっとりふわふわのスポンジに仕上がります。
スーパーで買える材料で思い立って30-40分もあれば完成!

デコレーションは100種類近い口金の中から
お好きな型を選んでいただき、
ご参加のみなさん、それぞれにデコレーションしていただきました。
個性が出て、本当に楽しい仕上げの時間です。


もう1品はベリークランブルクッキー
b0249307_162742.jpg

ホロホロのクッキー生地にミックスベリーの香りと酸味が美味しいです。
こちらも小麦粉、砂糖なし
レッスンではレシピのアレンジもご紹介しています。
ある食材を加えるとしっとりケーキ風に
またこのクッキーはチーズケーキ台にもなります。










私が2014年に初めて作った低糖ロールケーキ ⇛

最近は低糖スイーツも知られるようになってきましたが、
砂糖の代わりに甘味料を使って普通の甘さと同じに仕上げているのが多く
それではいつまでたっても「甘さ」に対する要求が変わらず
「甘さ中毒」からは抜けることが難しいです。
同じ甘さに仕上げれば
簡単に砂糖の甘さに戻れます。
まずは自分の舌が感じる糖度の度合いを変えてゆくことが必要なのです。

私自身が「低糖質生活」をスタートした時に
この低糖ケーキに本当に助けられて
このケーキがあったから容易に継続出来、
長年の「糖質中毒」から抜けることが出来ました。

そのお蔭で何年間も苦しんだ数多くの不定愁訴が殆どなくなってしまい
健康を取り戻せることが出来ました。

市販の低糖質ケーキやお菓子は甘味料が使われているので
結構「甘い」のです。
まったく甘くないケーキやお菓子があってもいいのになあーと思います。

レッスンを受講された方から
「甘いモノが苦手で普段全く食べない家族が”これなら食べれる”と食べてくれた」
「家族が”このケーキは胃もたれしなくていいね”と食べてくれた」
と嬉しいメッセージをいただくことが出来ました。

甘くないケーキのレッスンなんて需要があるのだろうか?
と思っていましたが、
多くの女性が「低糖質」な食生活の継続が困難だという記事を読み
何故?男性はスムーズに痩せて、継続可能で、健康になるのに
女性は難しいのか・・・・
いろいろ考えるとあることに気づきました。

この「甘くないケーキ」
摂食障害の方に役立つのでは?と期待しているのです。
「甘いモノががやめられない」
「毎日甘いモノを食べてしまう」
「パンを食べ始めると止まらない」
そんな女性は多いと思います。

舌が低糖に慣れてくれば、素材の持つ甘さだけで十分「甘く」感じるように変わります。
「甘さ」の感度が鋭くなるので、(これは料理でも、美味しさの感度が増します!)
なのでこのケーキも「甘く」感じるのです。
そうなれば「砂糖、甘さ中毒」から抜けられます。
そして改めて市販の普通のケーキを食べてみてください。
砂糖が邪魔して「まずい、あますぎる!」と1口で吐き出したくなります。
ここまで来れば砂糖の奴隷からは解放されます。

この低糖ケーキは主成分がタンパク質と脂肪です。
食べても栄養になるのです。
ケーキを食べながら、我慢せずに低糖生活が続けられます。
徐々に体に栄養が満たされてくれば、
いつかはこの低糖ケーキも必要なくなる時がくるでしょう。

ご興味のある方へ
FBで「低糖質なシンプルライフ〜食と美と健康〜」というグループで
毎日「低糖質生活」に関するいろいろな情報をシェアしています。
[PR]

by hkvege | 2016-01-13 23:07 | 料理教室 | Comments(0)
<< low-carbohydra... 2015 Christmas ... >>