Fleurs de la cerise Annexe

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


low-carbohydrate * Sour Cream Cheese Roll Cake with Mango

久しぶりにマンゴーでケーキを作りました。

b0249307_12462425.jpg


スポンジは小麦粉や米粉、大豆粉等の穀物豆粉なし!
糖類一切なし。純粋にタンパク質と脂質のみの材料です。
クリームはサワークリーム+生クリーム+レモン汁のみ。

b0249307_1301640.jpg




今日のマンゴーは「神様のマンゴー」と言われる幻のマンゴーです。
奄美大島で無農薬・無肥料で育った可愛いマンゴー☆
オレンジと赤がとても強く、香りが本当に素晴らしい!
サイズはとっても小さいのです。
b0249307_14372913.jpg

マンゴーの皮は3日ほど乾燥室で乾燥させました。
この香りがとても素敵なのです♪
b0249307_13151623.jpg

ドライマンゴーピールはお茶にプラスして飲むとマンゴーの香りのお茶が楽しめます!

またクリームのデコの上に細かく刻んだドライマンゴーピールを散らしました。
よりマンゴーの香りがプラスされます。

1本のロールケーキに使ったマンゴー果肉は1個分のみ(60g)ですが、
このマンゴーは他のマンゴーとは違い非常に濃厚で甘いのでこれで充分です。
スポンジもクリームも全く糖は加えていないので、甘くないため
マンゴーの甘みがより引き立ちます!
1切れの糖質量はおそらく2gくらいだと思います。


このマンゴーを栽培してくださった川畑くみこさんに感謝♪
[PR]

by hkvege | 2015-07-30 14:37 | おうちお菓子・パン | Comments(0)

Séminaire de beurre en France *Sel

バターセミナー2日め。
今日は有塩バターです。
b0249307_17354784.jpg

昨夜、素敵なページを見つけました ⇒ ☆
今回のバターセミナーでご紹介したバターが扱われています。
Parisでもなかなか入手が難しい貴重なバターが
日本でも購入可能だなんて!
ただ、バターの関税によってフランスで買うよりかなり高額です。。。
バターの関税について ⇒ 

バター不足の真実? ⇒ 

前回、同様、今回も10種類をセレクトして味わいました。
b0249307_18333896.jpg


今日は大変暑い日でしたので、有塩はぴったりでしたね!
使われている塩は質のよい天然の自然塩ですから、ミネラル補給にもなりました。

b0249307_1913556.jpg


無塩と違い有塩バターはバターそのものの味わいと塩の旨みが追いかけっこします。
バターそのものも異なりますが、使っている塩も違うので、
10種類には10種類なりの表情があり、食べ比べをすると大変面白いです!

それにしてもバターは単純ではないですね。
口の中でゆっくり味わうことで、複雑な旨みが次々に訪れ
飲み込んだ後に感じる香りがたまりません!
特にフランスバターは発酵バターですので、国産バターにはない発酵による旨みが強いです。

バターってすごく人を「幸せ」な気分にさせます。
動物性脂肪にはそのような作用が本当にあるそうです。
やはり植物性油脂と違い、ヒトの身体にもっとも馴染み、もっとも必要な栄養であり
もっとも重要なエネルギーの源なのでしょう。

バターを量だけ食べるという食べ方は非常にもったいない食べ方で
ゆっくりとこの複雑な美味しさをしみじみ味わいながら
享受したいものです。


バター博士になるべく(??)それぞれのバターの製造者や創業のストーリーを調べると
自然と心に素材への感謝の気持ちさえ芽生えます。
どこの国でもどの時代でも職人のこだわりと技、食に対する熱い想いには感動しますね。
あるバターは1Kgのバターを作るのに24時間かけるものがありました。
ほとんどのバターは生クリームの状態で低温殺菌にかけるのですが、
生乳バター(無加熱)バターもあり、香りが本当に素晴らしかったです。

いい食材を知るとお腹を満たすだけの食事はしたくない。
食に向き合うとますますそう思います。

だからいい食材を作る人を尊敬するし感謝します。
それに見合う代価を支払う価値があると思います。

食に安さを求めるとダイレクトにヒトの健康に影響しますから。。。

ゲランドの粗塩がそのまま練りこまれています。
粗いつぶつぶが見えます。
b0249307_19132782.jpg



(左1)今日の手作りバターは有塩で1.5%のゲランドの塩を加えました。
    こちらはお持ち帰りです。
(左2)バターを綺麗に削ることが出来る道具です。
(中央~右)オラッチェの白いバター  本当に真っ白です♪
       ご参加の方にいただきました。ありがとうございます!
b0249307_1925364.jpg


こんな感じで使います。
b0249307_1995419.jpg



ランチはカフェ風にワンプレートで
低糖質で作っています。
b0249307_21413190.jpg

キューカンバカップ クレームドゥーブルといくら
セロリとローズマリーウォーターの手作りツナ ケイパー添え
クリームチーズとグリークヨーグルトのかぼちゃのサラダ
紫キャベツのホエイクラフト
烏賊とワタのオリーブトマト煮

b0249307_2244781.jpg

メインはひき肉と手作りベーコン、ゆで卵のpâté いんげんは自家菜園のものです。
パイ生地はFPパンの変形で高たんぱく/高脂肪/無穀物低糖質です。
Parisのマルシェでたくさんのpâtéを見ました。
帰国したら絶対に作りたいと思っていたので嬉しい!
FPパン生地でpâtéは初の挑戦でしたが、問題なく出来ました。
ほっ♪


b0249307_22153632.jpg

デザートは海老のアイスクリームと
リコッタチーズといちじく&桃のサラダ

海老のアイスクリームは千葉に「イセエビアイス」というのがあり
それがとても美味しくて、ずっと再現したくて、今回海老の頭を使って
Pascal Beillevaireのバターを贅沢に使って作りました。
海老の甘さと旨みが塩によって引き立った塩アイスクリーム
完全無加糖です。前菜にもなりそうです。

リコッタはタカナシのものです。
お庭で取れたいちじくと山梨のももを和えました。
リコッタには酸味があるグレープフルーツの方が合いそう♪





2日間のバターセミナー ご参加ありがとうございました。
初のバターセミナー、開催出来ましたことで、
資料を作る作業において、フランスバターについて
いろいろ学ぶことが出来ましたことを感謝いたします。
またみなさま、研究熱心な方が多く、共にフランスバターを共有し、味わい
シェア出来たことを大変嬉しく思います。


もう1回開催出来るくらいのバターがありますが、今回は賞味期限の関係で
また次回!
他のバターも、順を追ってブログでもUpしてゆきます。

b0249307_18145220.jpg

[PR]

by hkvege | 2015-07-13 22:16 | 料理教室 | Comments(0)

Séminaire de beurre en France

今日はフランスバターセミナーを開催しました。
b0249307_2128184.jpg

先月フランスから持ち帰ったバターは50種。
スーパー、フロマージュ専門店を歩き回り出会った愛しいバターたちです。
今はフランスでバターを購入するとその場で真空パックにしてくれるサービスが一般化しており、
大変助かりました。封を開けずに、そのまま大事に大事に持ち帰りました。

殆ど日本では入手不可能なバターばかりですが、日本は販売する時、バターに関税がかかるので、
もし日本で購入できても1個2,000円近くするものでしょう。

今回は無塩と有塩どちらも50種ある中でそれぞれ10個をセレクトして味わいます。
オーガニックのものやAOP認証の高級なバター
今、Parisで最も人気のフローマージュ専門店バターを中心に集めましたので、
これらのバターを一堂に味わう機会はそうそうないと思われます。

今日はDoux(無塩)バターです。
b0249307_2152722.jpg

11種のうちオーガニックバターが5種。
AOPが3種。
過去に賞を獲得したバターが2種。
1900年代創業の古くからある伝統的なバター作りをする老舗工房から。
b0249307_22134328.jpg


それにしてもこうして一堂に味見をすると、それぞれのバターが全く違うことが分かります。
最初に舌に乗せた時の感覚、味や風味、コク、舌の上で溶ける感じ、
喉を通った後にふわっと鼻に戻る香り、後からくる甘みと旨み
すべてが違います。
しかし、どのバターもさすがレベルが高いだけあって、どれも素晴らしいです!

以前、招待でアワビの食べ比べをさせていただいた時にもそれを強く感じました。
産地、加工、季節によって全く異なる味。
やはり同じ時間に同じ場所で比較しない限り
時間を置いて、場所を変えて食べ比べても、あまりアテになりません。

こうして比べたことで、自分がどのタイプのバターが好きなのかがはっきり分かりました。
また、次回フランスへ行った時に、自分好みのバターを容易に選べるようになったことは
本当に嬉しいです!

大変な思いをしてバターを捜し歩き、
日本まで持ち帰りましたが、今日それが報われました!
また、これだけバターが選べる環境に身を置いているなら
用途別にバターを使い分けるということも可能だと感じました。
生のまま食べるならこれ、
お菓子にはこれ、
調理にはこれ、
というように、それぞれ何に用いるかで、選ぶバターが全く異なることを知りました。
あ~、本当に今日はなんと贅沢な機会なのでしょう。


最後におまけ♪
今、フランスでもっとも人気がありもっとも高価なバター
b0249307_2219251.jpg

ParisのRestaurant KEIで出されていたのですが、KEIにディナーに伺った時
味わってそのあまりもの美味しさに悶絶したバターです。
こうして比較して味を見ると、他のバターとはまるで違うことが分かります。

またフランスのバターは発酵バターなので、味や香りが本当に独特なものが多いですね。
今日は無塩でしたので、1口めはそのまま味わい
2口めはこちらのお塩で味見
b0249307_1244913.jpg

フランスから買ってきたFLAK SALTのSMOKEです。
とても美味しい塩です!


セミナーではお家で作る簡単ホームメイドバターを作りました。
花の型に入れて成型し、ご参加の方にお持ち帰りいただきました。
b0249307_22291087.jpg

作りたてはやはりたまらない美味しさ☆ 惚れ惚れします!
バターが食べ慣れないという方には、このフレッシュなバターはとても食べやすいと思います。

私は普段バターを100-120gくらい食べるので(ほぼ主食扱いです)
美味しいバター探しには必死になりますー
世界中のバターを試してみたいですが、まずはフランスバター制覇から~(妄想)
バターマイスター(バターオタク)猛進しましょう!

今回はフランスバターでしたが、秋か冬には世界各国のバターを集める予定です。
みなさん、お楽しみに☆


ランチはFP(高たんぱく/高脂肪)パンの変形でTortilla warp
グルテンフリー(小麦粉なし)、グレインフリー(穀物粉なし)、イーストフリー、シュガーフリーです。
これなら持ち運び、お弁当、ピクニックに便利です。
Tortilla生地にもバターがたっぷり♪ そしてwarpする時もバターをたっぷり塗りました。
もちろんスープにもバター ღˇˇ)Lᵒᵛᵉ
b0249307_22434511.jpg

デザートはホームメイドの完全無加糖butterscotch Ice creme
こちらもバターをたっぷり使っています。
使ったバターはイズニーの有塩。
甘くない塩味のアイスクリームです。
バターのいろいろな食べ方、用い方を日々考えています。

そして参加してくださった方からのプレゼントでオラッチェの牛乳
とタカナシ乳業の釧路・根室牛乳の飲み比べ
オラッチェの牛乳はアーモンドナッツの味がする特別な味わい☆
遠くからありがとうございました!

セミナーの後は特別Workshop!
Yasuyo先生のリース作り♪

お庭で猛威をふるうローズマリーを使ってフレッシュハーブリースをみなさんと作りました。
b0249307_2333058.jpg

ローズマリーのいい香りがアトリエ中に広がります♪
アロマを感じながらのリース作り。
なんだかクリスマスが来たみたいです。

ローズマリーは長持ちしますし、香りがいいので、部屋に飾るだけで芳香剤になりますね。
またドライになってもお料理に使えるので、実用的なリースです。
b0249307_234411.jpg

素敵に出来ました!
Yasuyo先生、ありがとうございます♪
ご一緒くださったみなさま、ありがとうございます✾(。◠‿◠。✿)
b0249307_2316584.jpg


来週は有塩バターセミナーです!
[PR]

by hkvege | 2015-07-09 23:16 | 料理教室 | Comments(0)

low-carbohydrate * Cheese Bacon Muffin

自家製ベーコンを作ったので、ベーコンを使ってFPマフィンを焼きました。
モッツァレラとグリエールをたっぷり用いて
タンパク質と脂質の栄養満点なマフィンです。
b0249307_225365.jpg

糖質は1個1-2gくらいだと思います。
ちょっとお腹が空いた時、重宝します。
たまご、肉、チーズで出来ています♪
[PR]

by hkvege | 2015-07-08 10:49 | おうちお菓子・パン | Comments(0)

Kitcken tools

ご無沙汰していました。
誕生日を過ごすため、5月6月とフランスへ。4度目の滞在。
Parisは初夏の始まりで大変過ごしやすくお天気にも恵まれ素晴らしい時間でした。
今回は初めてLyonへも足を伸ばしました。快適なTGVでの旅♪
素敵な思い出になりました。

どこへ旅行へ出かけても目につくものはキッチンに関するものばかり。
やはりフランスは心躍るものがいっぱいです☆
毎回のことですが、帰りの荷物が大変なことに。。。。。
b0249307_22162951.jpg


(右) まるでキャンディのようですが!これゴキブリを寄せ付けない薬なのです。
    カラフルで可愛いです。6Pチーズの空き箱に入れて置いておきます。

(右1)こちらはごみ袋 お花の香り付きです✿✿ 赤い絞りリボンまで付いています♪
    ごみ袋用になんてもったいなくて使えないですー

(中央)こちらは空気に触れずに氷が作れるアイスキューブバック
    使い捨てですが、簡易な保冷剤としてリユース出来ます。
    フランスではとてもポピュラーです。

(左1)クリームの絞り口金50種
   いろいろなパターンがあってとても楽しいです!

(左)こちらは乾物を保存する際の100%ナチュラルな虫よけ


他にもまだまだたくさんありますが、今日はこの辺で。。。。。 (*◕ ◡◕)✿♫♬
[PR]

by hkvege | 2015-07-07 22:16 | 道具 | Comments(0)