Fleurs de la cerise Annexe

<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


low-carbohydrate * Sweet to Savory

Sweet to Savory
甘いものから塩味へ

ここ数年、海外のCook bookやレシピでよく見かける言葉
砂糖の害が徐々に知られるようになり、世界はゆっくり大きく変わってきています。

今日は雪の予想だったので昨日のうちにいくつかレシピの配合を考えて
今日は1日中キッチンで試作していました。
頭の中のイメージを形にするのはとても楽しい作業。
今日は4つのお菓子を作りました。

もちろんすべてローカーボ
Gluten free グルテンフリー
Grain free 穀物フリー
Soybean free 大豆フリー
Yeast free イーストフリー
Sugar free シュガーフリー
Artificial sweetener free 人工甘味料フリー
添加物無添加、素材のみ配合

1つめは
くるみのスノーボーロ
b0249307_21434610.jpg

口に入れたらほろほろと崩れます〜
思い通りに仕上がって嬉しいです。
b0249307_2144077.jpg

甘くないのに、どうしてこんなに美味しいのかなー


2つめは日本茶にも合うお菓子
ごまのクッキー
丸型とフラットの2種類
同じ生地でもそれぞれ食感が変わって面白い
b0249307_22173245.jpg

これも美味しくて手が止まらないです〜
とても香ばしくサクサクです!


3つめはアラブのカダイフ風クッキー
b0249307_22442724.jpg

以前砂糖時代に大好きだった中東のカダイフクッキー
いつか作ってみたいなーと思っていたひとつ
b0249307_22445982.jpg

カダイフは使えないのでローカーボヴァージョンで!
こちらも形を変えて2種
歯ごたえが変わってそれぞれの美味しさが楽しめます

4つめは
いちごのタルト
b0249307_2264247.jpg

中にいちごが隠れています。
b0249307_227996.jpg

フォークでいただいてもいいですし
手で持っても食べやすく
小さくカットしてプティフールのようにしてもよいですね
甘くないので美味しくて・・・・ついつい手が伸びますが、
いくら食べても怖くない〜!

こちらはもひとつの形
b0249307_2316844.jpg

2口くらいで食べられちゃう!
甘くないタルトなのでハムやチーズ、たまご、サーモンなどをのせて
キッシュなどのお食事タルトにも使えます!

すべて無加糖で作っていますので
お茶のお供に、おやつに、間食に、ちょっとツマみたい口寂しい時に・・・
きっとあれば役立ちます。

これからも
「見た目Sweets 食べたらSavory(甘くない)」なお菓子をいろいろ作ってゆきます??

子供っぽくない
可愛い〜!よりシャープで
スタイリッシュでスッキリした大人なお菓子を目指します。

今日のお菓子はFPケーキ&お菓子レッスンでご紹介しますね♡
お楽しみに〜
[PR]

by hkvege | 2016-01-24 22:17 | おうちお菓子・パン | Comments(0)

low-carbohydrate lesson * strawberry roll cake

先週に続き・・・今日の低糖スイーツレッスン
b0249307_21104226.jpg

みなさんの作品
それぞれの個性光るデコレーションが 本当に素敵です!
フォームを決めないで自由にデザインするのは
作り手の個性が出て暖かくてとても好き??
違うことが美しいです。

More・・・・・・・・・・・
[PR]

by hkvege | 2016-01-22 21:14 | 料理教室 | Comments(0)

low-carbohydrate Lunch party

今日は定期的に開催しているローカーボランチ会??
低糖質料理の持ち寄り会です。
今日は初の和食ローカーボ
b0249307_025841.jpg

前菜         
豆腐のテリーヌ
ゆばの揚げシュウマイ    えびのすり身と鶏肉
お椀もの:   
隠れあさり椀  あさり、のり、せり
魚料理:     
魚介の蒸し焼き  
たら、かに爪、ほたて、えび、えのき、舞茸、たまねぎ、燻製バター、ゆず
肉料理:    
大和豚のバラ軟骨柔らか煮  胡椒塩を添えて
香の物:     
野菜のぬか漬け  パプリカ、山芋、大根、にんじん
甘味:        
抹茶のムースケーキ

とっても豪華なランチになりました!
お店で食べるよりも美味しく贅沢。
しかも低糖質??
おなかがいっぱいです。


b0249307_06346.jpg

今日のシックな器は数年かけて集めた笠間焼です。
初のお披露目。

お料理上手なみなさんと食べ物の話が尽きません。。。。
また次回も楽しみです。

こうして低糖質をシェアし共に楽しめることを本当に幸せに思います??
ご一緒くださりありがとうございました!
[PR]

by hkvege | 2016-01-19 23:26 | お食事会 | Comments(0)

low-carbohydrate lesson * FP bread

先週、今日と先月に引き続きFPパンの第2回めのレッスン
第1回めはこちら ⇛ 

2回めが開講出来て本当に嬉しいです。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございます!

第1回めはFPパンの特徴や生地の取り扱い、成形の仕方
焼き加減などご紹介しながら、小さなミニの丸パンとツインパンを作っていただきました。
b0249307_23485347.jpg

第2回めの今回はいろいろな応用が効くフラットパン
ラップロールやピザ、サンドイッチ、カップ、カナッペ・・・・・
アイディア次第で楽しみが広がります。

今回は
自家菜園から朝収穫した自然農法のカリフラワーと自家製SFP豚ベーコンのスープ
 飯村牛の牛骨から取ったビーフブロスでことこと煮ました。
フランスゲランドの塩だけで味つけ
SPF豚ハム、クリームチーズ、アボカド、トマト、レタスのラップロール
自家製SFP豚ベーコン、自家製ツナ、北海道のレッドアーリーとモッツァレラチーズのピザ
・・・と栄養満点なメニューでした!

食後に無糖のエッグノッグを。
こちらも栄養満点!

b0249307_0271545.jpg


More・・・・・・・・
[PR]

by hkvege | 2016-01-19 00:14 | 料理教室 | Comments(0)

low-carbohydrate lesson * Tart

今日はタルト作り

香港のエッグタルト 
とクリームベリータルト
b0249307_22273049.jpg


エッグタルトは焼きたてを
クリームベリータルトはよーく冷やして!
小麦粉、砂糖、甘味料一切なし
1個の糖質量 わずか1-2g!!
(タルトのみですと0.8g)
とーっても美味しい??

2月のローカーボスイーツレッスンでご紹介します!

実は先日、甘さ控えめの生クリームシューをいただきました。
確かに甘さは控えめなのですが
やはり添加した甘さを感じて
口の中があまあま〜
食べた後もずっとあまあま〜
気持ち悪い

それに一番の残念は
少しでも甘味料が入ると素材(生クリーム)本来の美味しさが消されてしまうこと
甘味料なしの生クリームそのままの美味しさを知ってしまうと
嘘の味って気がしてしまう
[PR]

by hkvege | 2016-01-17 22:29 | おうちお菓子・パン | Comments(0)

low-carbohydrate lesson * strawberry roll cake

新年明けましておめでとうございます。
昨年中は多くの方に支えていただき感謝しております。
新しい1年も素敵な出会いと時間を共有出来たら嬉しく思います。

今年初のアトリエレッスンは
初の低糖スイーツレッスンでした!
b0249307_15381387.jpg

なんかとっても甘そう〜に見えますね??

見た目はスイーツですが、実は殆ど甘くないのです。
(しかし、低糖に慣れた舌には甘く感じるのですよ!)
ロールケーキ1本の糖質はわずか8.2g(素材由来:スポンジ+生クリーム)
もし1本食べてしまっても市販のケーキ1切れの糖質量にもなりません。
ロールケーキ1切れですといちごを加えても2-3gほどです。

通常のスポンジ生地のように小麦粉や砂糖を使いませんし
栄養的にはタンパク質と脂質から出来ているので
栄養補給ケーキです。
小麦粉や砂糖を使いませんが
低糖質スポンジにありがちな喉に詰まるようなごわごわ感も
舌に感じるザラザラ感もなくしっとりふわふわのスポンジに仕上がります。
スーパーで買える材料で思い立って30-40分もあれば完成!

デコレーションは100種類近い口金の中から
お好きな型を選んでいただき、
ご参加のみなさん、それぞれにデコレーションしていただきました。
個性が出て、本当に楽しい仕上げの時間です。


もう1品はベリークランブルクッキー
b0249307_162742.jpg

ホロホロのクッキー生地にミックスベリーの香りと酸味が美味しいです。
こちらも小麦粉、砂糖なし
レッスンではレシピのアレンジもご紹介しています。
ある食材を加えるとしっとりケーキ風に
またこのクッキーはチーズケーキ台にもなります。

More・・・・・・・・・・・
[PR]

by hkvege | 2016-01-13 23:07 | 料理教室 | Comments(0)