Luscious Delicious Home

道の駅巡り

今日は県西「道の駅」巡り
下妻と古河へ
実は初めて行く場所

筑波山を中心に延々と続く田園風景
とても美しく
絵葉書みたい
時々、ある景色がフランスの風景を思い出させる
パリからプロヴァンスを目指して電車に乗ると
やはり延々に果てしなく続く田園風景
それにダブります
つくばをドライブしていても時々思うのですが、
「え?ここはアメリカ?オーストラリア?」って感覚になる時があります。
やっぱりこんな景色はとっても癒されます

茨城県は映画のロケ地によく使われると聞きますが
本当に素晴らしい景色の場所が多いのですよね。
::世界のキタノもお気に入り!今、ロケの聖地は茨城県!:: ⇒ 

行ったのは「道の駅 しもづま」と「まくらがの里こが

まくらがの里こがは今年の7月にオープンしたばかりで
県内最大級の道の駅だそうです。
建物はピカピカで、店内はとってもセンスよく綺麗♪
b0249307_1816693.jpg

(スマフォで撮ったので美しくない写真ですが・・・)
地元産の農産物を見て歩くのは本当に楽しい!
普段つくばでも見かけないようなお野菜があったり、
珍しい商品があったりと本当に面白い
さすがここは食材の宝庫ですね!

日本全国の道の駅巡りが出来たら楽しいだろうなあ。。。













アンチエイジングのスペシャリスト・白澤卓二先生が緊急警告
キミたちの体はジャンクフードで成り立っている!

週プレNEWS 11月7日(木)12時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131107-00022868-playboyz-soci

「ラーメン中毒を脱するには、ラーメンと縁を切るしかない」と断言する白澤卓二先生

自分がいつまで生きるかなんてことは、まだ少しも考えずにアイドルを追っかけたり、ラーメン屋をハシゴしたり、家でゴロゴロしながらスマホをいじっているというみなさん。そんなフリーダムな生活を続けていると、人生早めにジ・エンドになってしまうかもしれない。

では寿命を延ばすためにはどうすればいいのか? アンチエイジングのスペシャリストで順天堂大学大学院教授の白澤卓二先生に聞いた。

***

取材班が持参した週プレをパラパラとめくっていた白澤先生の手が、「カップ麺特集」のページでパタリと止まった。

「う~ん、この雑誌、相当マズイですよ……」

眉間にシワを寄せているが、お気に召すカップラーメンが載っていなかったのだろうか? すると、白澤先生があきれ顔で言った。「ラーメン中毒はコカイン中毒と同じ。この雑誌から早く卒業しないと、読者は短命に終わる道を選択するしかなくなりますね」

エーーッ! いったいどういうことですか? できれば長生きしたいので詳しく教えてください!

■ラーメンも牛丼も体と脳に悪影響?

―そもそも、ラーメンはそんなに長生きによくないのですか?

白澤 そんなことを聞く時点で、脂と塩のダブル中毒ですね(笑)。ラーメンは老化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞、認知症のリスクを高めます。長生きしたいなら、ラーメン屋に入らないことから始めてください。

―野菜マシマシでもダメ?

白澤 そんなことしてもムダです。ラーメン屋に入った時点で健康なメニューの選択肢がありません。カップ麺はもっとダメ。化学物質が大量に入っていて、激しく健康に悪いですよ。食べ続けると、まぁ50~70歳くらいで、前立腺がん、大腸がんで死ぬと思います」

―今まで週3で食べていたのを週1に減らせば大丈夫ですか?

白澤 すでに中毒になっているから、「週1でガマン」なんて自己制御できません。週3回食べているとしたら、48時間で禁断症状が出ているわけです。そんな人が週1回で、もつわけがない。街に出ればラーメン屋はたくさんあるし、どこでもカップ麺は売っている。誘惑に勝つには完全にやめるしかないと思います。「未練がましいことはするな」がルールです。

―ハードル高すぎです(泣)。では、牛丼ならOKでしょうか?

白澤 やめたほうがいい。
―そ、そんなぁ……。

白澤 カツ丼とか天丼とか、ご飯の上に何かがのっかっている丼物はやめてください。街で食べられるランチメニューで唯一オススメできるのは、焼き魚定食を半ライスにして、サラダを追加注文することです。

―半ライスより、むしろライス大盛りにしたいんですけど。

白澤 そういう人は白米中毒でもありますね。白米の主成分は炭水化物、体内で分解されるとブドウ糖になります。これは砂糖と同じ糖質の一種。ところで、カレーライスは好き?

―はい、大好きですっ!

白澤 それはカレーが好きなのではなく、白米中毒なの。なぜかというと、キミは玄米にカレーをかけると「これはカレーライスではない」と言うでしょ?

―もちろんです!

白澤 玄米は噛まなければいけないけど、白米なら噛まずにのみ込めますからね。キミがカレーを好きな理由は、そうやって素早く白米を胃に流し込めるからでしょう。

―確かに、そんな気も……。

白澤 食事で重要なのは、噛むこと。ひと口につき、30回は噛んでください。カレー、ハンバーガーでは30回噛む前に形がなくなってしまう(笑)。丼物もカレーと同じで、白米を手っ取り早くたくさん摂取できるメニューだから人気があるけど、炭水化物ばかり増えて体によくない。とにかく噛み応えのある食べ物を選ぶことです。



■もとの形がわかるものを食べなさい

―先生、昼ご飯の後だからか、なんだか眠くなってきました。

白澤 炭水化物を食べましたね?

―はい、牛丼大盛りを。

白澤 炭水化物を食べるから眠くなるんです。ウソだと思うなら、昼食を豆腐や卵、サラダだけにしてみてください。その日の午後はまったく眠くならないと思いますよ。昼におなかがすくのも、朝食に炭水化物を食べるからです。

―では、朝食を抜けばいい?

白澤 それは最悪です! 朝はしっかり食べてほしいけど、炭水化物は極力少なくしたほうがいい。野菜や果物をミキサーでジュースにして飲んでください。面倒なら、市販の100%オレンジジュースや野菜ジュースでもいい。もちろん、砂糖たっぷりのジュースや炭酸飲料はダメです。

―最近は、砂糖ゼロのコーラなどもありますよね?

白澤 人工甘味料はもっといけない。消費者が「砂糖ゼロならいい」という発想になっているのは、選択肢がないことにも問題があるんです。例えば、食品売り場で畑や木になっている状態で売られている食べ物って少ないでしょ? 要は、消費者は不健康なものを買うしか選択肢がないんですね。だから、「砂糖がダメ」と言われると、人工甘味料に流れてしまう。

―でも、たまには甘い物も食べたくなるんですけど。

白澤 リンゴや柿などの果物を食べてください。果物に中毒性はありません。昔からある食材で、果物の甘さでは中毒にならない。



―昔からある食べ物ならいいんですね。ところで、そもそもジャンクフードってなんでしょうか?

白澤 いい機会だから言っておくけど、ポテトチップスやハンバーガー、カップラーメンだけがジャンクだと思っていたら大間違い。例えば、この後72時間、自分の口に入る食べ物、飲み物のうち、もとの形を確認できるものが何%あるか、メモしてみてください。もとの形を確認できないものは、すべてジャンクフード。もしそれが2%だとしたら、キミが食べているものの98%はジャンクフードだということです。

―じぇじぇじぇ!

白澤 そう考えれば、さすがにマズイと気づくでしょう。少なくとも100年前の食事はこんな状況ではなかったし、おばあちゃん、おじいちゃんはまっとうなものを食べていましたよ。昔の食事を見習ってほしいですね。

―現代の食生活は豊かになったわけではないんですね。

白澤 はい。まずは自分の体がジャンクで成り立っていることに気づいてください。長生きするためのスタートはそこからです!

(取材・文/宮崎俊哉 中島大輔 渋谷 淳 山田美恵 撮影/伊藤晴世)
[PR]

by hkvege | 2013-11-04 23:55 | お出掛け | Comments(0)
<< Hong Kong Dim S... Shang hai Cooki... >>