Luscious Delicious Home

Portuguese Cooking Lesson<Fleurs de la cerise>

晴天の穏やかな1日でした。
寒さの中にも、小さな春を感じます。

今月の<Fleurs de la cerise>の味の旅はポルトガルです。

ウエルカムティーはフレッシュなローズマリーティー。
若返りのお茶と言われます。血行を促進して血管を丈夫にし、頭脳明せき化作用、関節炎、更年期障害、貧血改善など。

<食前酒>ノンアルコールシャンパン
1. Pasteis de Bacalhau 干し鱈のポテト揚げ
2. Cataplana de Mexilhão azul ムール貝のカタプラーナ
3. Arroz de Frango no forno ダックライス
4. Pasteis de Nata エッグタルト
5.  Salada Mista グリーンサラダ
6.  Pão de queijo ポン・デ・ケイジョ   チーズパン
7. Pão de linhaça    ポン・デ・リニャッサ  亜麻仁のパン 
b0249307_1614350.jpg
 
Pasteis de Bacalhau 干し鱈のポテト揚げ

Bacalhau(バカリャウ)は、塩漬けの干しダラのことで
ポルトガルで昔から伝統的に食べられている保存食であり、国民食。
このBacalhauを使ったもっとも代表的な料理が今日ご紹介した
Pasteis de Bacalhau 干し鱈のポテト揚げです。
他にはイギリスのフィッシュパイに似たBacalhau com natasも
国民に愛されるバカリャウ料理。

Cataplana de Mexilhão azul ムール貝のカタプラーナ
Linguiça(ポルトガルソーセージ)とBacon(ベーコン)を加えるので旨みたっぷり!
今日はどちらも手作りです。
本来はカタプラーナという専用の鍋で作るのですが、
残念ながら手持ちがないので、今日はルクルーゼで。
パスタのソースとしてもおすすめです。

Arroz de Frango no forno ダックライス

ポルトガルの伝統料理で、鴨を使った炊き込みご飯です。
日本ではほとんど知られていない料理ですが、
ポルトガルはもちろん、ポルトガル領だったマカオの名物料理。
ポルトガルはお米をよく食べる国ですが、以前のイスラム時代にお米料理が広まったといわれています。
このダックライスは大航海時代に同じ御飯文化である中国系住民の間に広まり、
マカオやシンガポールにも伝わっていきました。
こちらにもLinguiça(ポルトガルソーセージ)が入ります。
私も大好きな1品です。

b0249307_16431324.jpg



Pasteis de Nata エッグタルト
ポルトガルスイーツといえばこれ!
本当に美味しくて大好きです☆
焦げ目をつけて焼くのがポルトガル式
高温で一気に焼きます。

今日はグリーンオリーブティーを淹れてみました。







今日のレッスンで用いたポルトガル食材いろいろ
b0249307_2343566.jpg
(左)CARMエキストラバージン・オリーブオイル
ポルトガル産の最高級のオーガニックオリーブオイル
1本1本にロット番号がつけられている超プレミアムなオリーブオイルです。
(中央)ポルトガル産の極めた塩フロール・デ・サルMornoto
(右)ポルトガル産Macaricoのブラックオリーブ

テーブルコーディにユーカリのリースがとても合いました。
b0249307_15425666.jpg

今日使用したこのお皿は残念ながらポルトガルではなく、
Royal Doulton製です。
デザート皿はVilleroy & Boch製。
どちらも大好きな陶器ブランドです。
10年ほど前にオーストラリアと香港で買ったもので、
こんなぼってりした暖かみのあるお皿も作ってたんですね。時代です。
買っておいてよかった。とても気に入っています。

今宵はポルトガルのFadoを聞きながら・・・・

すっかりポルトガルに行った気分です☆


参加してくださった夢華さんがとっても可愛いBlogで紹介してくださいました~** ⇒ 
ありがとうございました☆










ポルトガル料理と日本料理のつながりについて、興味深いお話し・・・・

『天ぷら』や『がんもどき』など日本の食卓でおなじみの料理も、ポルトガルに原型があると言われています。それが文化とともに日本に入って、日本料理として進化していったものなのです。歴史的背景を考えると、ポルトガル料理は、日本人の口に合って当たり前なのかもしれません・・・・
続きは↓
http://www.usarice-jp.com/about/chef_01.html


実はポルトガルは私が中学生の時からの憧れの場所。
雑誌か本で見たリスボンの石畳の街並みがとても素敵で
いつか行ってみたいなあ・・・と思い焦がれていました。
残念ながら、今だ実現しておりませんが、近い将来、この足であの街を歩いてみたいです。

ポルトガル料理はマカオに随分長いこと通って随分食べ歩きました。
マカオにはポルトガル料理のレストランがとても多く、
スーパーには普通にポルトガル食材やワインが売られています。
返還後もマカオに住み続けるポルトガル人がいますし、
2世3世も多く住んでいます。

マカオは2005年7月に、22の歴史的建造物と8つの広場を 含む地域が「マカオ歴史市街地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録されました。マカオ半島の面積は9.3平方kmと、とてもせまいのに、この数の多さには驚きますよね。マカオの街並みもポルトガル領だった名残の建物が数多く点在し、アジアとは思えないヨーロピアンな雰囲気です。
[PR]

by hkvege | 2014-02-17 23:52 | 料理教室 | Comments(0)
<< Okura Cooking s... ユーカリのリース作り >>