Luscious Delicious Home

Hong Kong Dim Sum & Sweets <Fleurs de la cerise>

2月に入りました。

今日はアトリエでHong Kong Dim Sum & Sweets今年初のレッスン。
新しいタームが始まりました。

Menu:
冷菜:津白蘋果山核桃沙律  白菜とりんごのピーカンナッツ和え 
咸點:潮州粉果   潮州式蒸し餃子
    蒜泥白肉包   豚ばらバーガー 秘伝ソース添え
b0249307_23425057.jpg


潮州粉果は広東・潮州の點心。
透明皮から手作りしました。
包み方も特徴のある可愛い形です。
中の餡は具だくさんでいろいろな食材の食感を楽しめます。

お食事は寒い2月にぴったりな香港火鍋をご用意いたしました。
主菜:香港火鍋
湯底(スープ) 鶏からとったチキンスープ、にんじん、れんこんのスープ
火鍋料(具材) 牛肉、鶏肉、豚肉、えび雲呑、レタス、クレソン、セロリ、豆腐、豆腐ト、春雨
b0249307_232481.jpg

本当はもっと海鮮やいろいろな種類のお野菜、具材があるのですが、前日の雪で
買出しが思うように行きませんでした。。。。
香港火鍋の真髄をお伝え切れず悔いが残ります!
来年は香港火鍋スペシャルレッスンがあってもいいかなー
スープを自分で取って、具材も手作りして、おうちで楽しむ香港火鍋のすべてをご紹介したいです。

日本で「火鍋」というと四川風の真っ赤で辛いものを想像する方が多いと思いますが、
香港火鍋は日本で言う「しゃぶしゃぶ」に近く、素材そのものの美味しさを味わうお鍋です。
油を使わないのでとってもヘルシーです。
日本のしゃぶしゃぶと違うのは、香港では実にさまざまな味のスープが用意されています。
基本はチキンかとんこつに甘い出しが出るにんじんやとうもろこし等を加えて何時間も煮込んだスープを使います。
香港で火鍋のレストランへ行くと、何種類もあるスープをまず選択することから始まります。

次に、火鍋に大切なのは、つけタレ+薬味です。おしょうゆがベースですが、各レストランによってその味わいはさまざま。唐辛子が入って、少しピリっと、しかし、ほんのり甘いたれです。そこに、好みでニンニクやねぎ、コリアンダー、豆板醤、唐辛子、生姜、ごまペースト、ごま油、黒酢などを入れて自分の好みに調合して作ります。

そしてメインは具材です。
海鮮が豊富な香港は海鮮食材が好まれますが、牛肉や鶏肉、餃子や野菜、豆腐等火鍋にはかなり豊富な具材がそろっており、すべて好みでオーダーできるようになっています。

甜點:笑口棗 スマイルドーナッツ
b0249307_23142533.jpg

ドーナッツが割れた様子が笑っている口に似ていることから、春節には欠かせない大切な縁起物のお菓子です。新年から笑いの絶えない1年になるように願って食べるのです。

ごまの香りとドーナッツ生地のどこか懐かしい素朴な味わいとほんのりとした甘さが、ひとつふたつとついつい手が伸びてしまうお菓子です。食べ進めるうちに美味しさがじんわり分かってきます。油で揚げているのに、さっぱりとしていて油っぽさを感じないドーナッツです。

食いしん坊仲間のお菓子の先生が素敵なブログでレッスンの様子をUp↑してくれました。 ⇒ 
またレッスン中、写真が撮れなかった2枚を先生からお借りしました♪
ありがとうございます!!
[PR]

by hkvege | 2014-02-05 23:52 | 料理教室 | Comments(0)
<< 男性料理教室 四川料理クラス<つくば教室> >>