Luscious Delicious Home

low-carbohydrate Sweets *Scorn with Isigny Ste Mere Crème fraîche

b0249307_14105352.jpg今日はLow-Crab Scronです♪

菜園の採れたてブルーベリーをそのまま添えました。
やっと鳥に食べられても
人も恵みを受けるほど実も多く熟してきました。
美味☆美味☆

糖質は1個 2.5g未満!
普通のスコーン1個の糖質が30g以上あるので、1/10以下!この差はすごい。

low-carbohydrate Sweetsは急激な血糖上昇の原因となる
炭水化物類(小麦粉、米粉、全粒粉、ライ麦粉、片栗粉、くず粉、玄米粉、もち粉等)
糖類(白砂糖、きび砂糖、てんさい糖、黒砂糖、メープルシロップ、はちみつ、麦芽糖、
米飴、水あめ、甘酒等)
加工に問題のある人工甘味料(アガペシロップ、コーンシロップ、ブドウ糖、オリゴ糖等)
人体に害のある人工甘味料(アスパルテーム、スクラロース、チクロ、ズルチン等)なし。
グルテンフリーです。

クロテッドクリームの代わりにIsigny Ste MereのCrème fraîcheを添えて。
Crème fraîcheは生クリームとサワークリームの間みたいなクリームです。
日本ではなかなか見かけないので残念です。
今夜はこれでポークストロガノフを作ります。
b0249307_14111579.jpg



先日、観た映画です。

日本の酪農の現実と厳しさを感じました。
私たちに出来ることは何かと考えさせられました。











砂糖の歴史を知れば、砂糖は身体に必要なものとして存在し続けたのではないと分かりますね。
長い動画ですが、多くの人に現実を知って欲しいです。



有毒な砂糖(英語のみです)

果物もジュースで飲むのが何故悪いのかも話しています。
果物スムージー、怖いです。
No Fat More Sugar の時代は終ります。
アメリカ人を太らせたのは脂肪ではなく「砂糖」=糖類
日本人をガン、糖尿病にしているのは・・・・・・??

アメリカの肥満率上昇は1985年から始まっている  ⇒ 
アメリカの肥満率を押し上げたNIHの国家的プログラムNCEP ⇒ 

砂糖の秘密(英語のみです)

摂っていないつもりでも、私たちの生活の中にいかに「砂糖」が姿を変えて存在しているかが分かります。

Youtubeでは英語番組なら溢れるほど砂糖の害を忠告する番組があるので
日本でもこんな番組が作られるようになることを切に望みます。

「砂糖」=糖類、炭水化物、穀物、糖質。。。。。。は
肥満や口腔症状、糖尿病、生活習慣病、低血糖症、うつ・・・だけではなく
がんの原因とも言われています。

がん細胞は糖質が大好き。


どのように糖質は癌を作るか?


何故、砂糖はガンが好きか?(英語のみ)



糖質制限だけでもがん抑制効果がある:動物実験の結果から ⇒ 


アメリカではすでに始まっています。
糖質制限+動物性脂肪の摂取によるもっとも体に負担のない最新のがん治療



b0249307_20442573.jpg

がんの嫌がる食事
丁 宗鐵 (著)

糖がガンを育てること
野菜や果物が何故ガンにはいけないか
玄米が何故いけないか
大豆が何故いけないか
マクロビやゲルソンが何故ガンに駄目なのか
ガンになったら、何故、お肉を食べるのがいいのか

等・・・・書かれています。



b0249307_1219994.jpg


がんになったら肉を食べなさい

溝口 徹 (著)












植物性=ヘルシー??

というイメージだけで
ガンになったら「玄米菜食」みたいな風潮が多いですが

それはただただ「ガン」に「大きくなれ~」と餌をやるようなものです。
穀物、野菜中心の食事がいかに人間にとってひどく偏った
栄養障害を生じさせる不健康な食べ方か!

イメージ戦略って怖い。
[PR]

by hkvege | 2014-07-28 14:13 | おうちお菓子・パン | Comments(1)
Commented by まりとん at 2015-03-17 06:34 x
Fleurs de la cerise さん、こんにちは! いつもFBでお世話になっています真理子です。 貴女がブログもしていらっしゃったとは、知りませんでした。お写真も、料理も、素晴らしいですね。とても勉強になります。また遊びに来ますね♡ 
<< Sucre-en-rose Home Chinoiseri... >>