Luscious Delicious Home

low-carbohydrate * Pizza

お天気のよいGWが始まりました♪
甥っ子が来ているので一緒にPizzaを作りました。
b0249307_1642396.jpg

1切れ(1/8)の糖質は1.5gくらいでしょうか。

もちろん
Gluten free グルテンフリー
Yeast free イーストフリー
Grain free 穀物フリー
Sugar free シュガーフリー
Artificial sweetener free 人工甘味料フリー
で。。。

クラストはほとんど違和感なく普通のピザです!

ソーセージは先日作ったのを2日間熟成させた後、ボイルしないでサクラで燻製にし
輪切りにして乗せました。チーズをたっぷりと!

Pizzaはクラストの問題さえクリア出来れば、結構栄養面では優れものです。
お子様のいるご家庭では重宝なメニューですね。

今日はサクサクタイプを作りましたが、次回はパン生地タイプとパリパリタイプを作ってみようと思います。

Grain グレイン とは・・・・・以下の穀物のことで、それらを使用しないで作っています。
b0249307_2235356.jpg















小麦粉の害について、グルテンの害については先日書きました。

今日はお米のことについて。

日本人であるなら「お米」には深い思い入れがあると思います。
なんたって「お米」は日本人の主食であり、心であり、伝統であり、
ずっと昔から食べてきたのだから
絶対に身体に悪いわけがない!と。

こういう私もお米大好き!
おかずがなくてもごはんだけでいいと思うほど・・・・好きでした。

お米が悪いなんて疑うこともなく、
「お米が悪い!」なんて言う人は、頭がおかしい!とさえ思っていました。
日本人がお米をやめるなんて出来るわけない!と。

しかし、お米を食べない食事にしてから、
私の体調はみるみる変わってゆきました。
もちろんお米だけではなく、小麦粉も食べなくなりましたし、砂糖や糖質の多いものは
一切食べたくなりましたので、複合的にですが、
それまで長年抱えていた多くの不定愁訴がほとんどなくなってしまったのです。
肉体的にも精神的にも、本当に楽になりました。
もしあのまま変わらず食べ続けていたら、今ごろどうなっていたのか?と思うだけで
本当に恐ろしくなるほどです。

お米にもアレルギーがある-----
初めて知った時はかなりショッキングでした。
私なりにいろいろ調べてみてわかった事

**

アレルギーは何も小麦粉ばかりではありません。
実は「お米」にもアレルギーを引き起こすたんぱく質が存在します。
小麦粉と同じようにお米もかなりの品種改良が施されており、原種からは程遠いものになっています。

お米のでんぷんの種類のひとつであるアミロペクチンはアレルギー物質と言われており、
純粋なうるち米は「ササニシキ」に代表されるように、アミロースという消化のいいでんぷんの割合が多く、
アミロペクチンの割合の低いお米でした。

しかし、今の改良されたもちもちして、モチコメのように甘いお米はアミロペクチンが多くなっており、
昔のお米と比べて比率が逆転しています。でんぷんの分子構造上消化が悪く、
アミロースは消化もよくブドウ糖に分解されやすいという特徴があります。
アミロースの多い米のほうが、体に優しく胃腸に負担をかけにくいお米なのです。
その代表はタイ米やインド米などのあっさりぱさぱさしたお米です。

米アレルギーは、食物アレルギーの中でも痒みが強いようです。

「お米は日本人の国民食」だからアレルギーを起こすなど、考えたこともないかもしれませんが、
実はその不調はお米のアレルギーだった・・・・・ということもあるかもしれません。
またお米は大変糖質の高い食べ物です。食後すぐに血糖値を引き上げます。
お粥はごはんより更に血糖を上げます。
そして、今流行りの米粉は細かい粒子になっておりますので、
ごはんやお粥よりもさらに血糖をあげるのです。米粉パンでアレルギーも例外ではないです。

そしてお米のもうひとつの大きな問題点。
それは先ほども書きましたが、多すぎる糖質です。
ご飯茶碗1杯に50-60gの糖質が含まれています。
この図をごらんください。
b0249307_10483071.jpg

これは食後の血糖値の上昇を表しています。
急激に血糖値を上げるのは「糖」「炭水化物」のみで
たんぱく質と脂質は血糖値をあげません。

つまりごはんはものすごく急激に血糖値をあげてしまう食べ物なのです。
じゃあ、玄米はどうか?
残念ながら、玄米であれ、全粒粉パンであれ、糖質量は変わりません。
同じく血糖値を上げます。

次回は何故?血糖が急激に上がると身体にとっていけないのか
書こうと思います。
[PR]

by hkvege | 2015-04-29 16:42 | おうちごはん | Comments(0)
<< low-carbohydrat... low-carbohydrat... >>