Luscious Delicious Home

low-carbohydrate Lunch lesson

今月は初の低糖質お料理レッスン♪

家の庭の花たちを家の中に招待ლ( ╹ε╹ლ)
b0249307_239394.jpg

GW中は本当によいお天気続きで素敵な休日になりましたね。

b0249307_14304632.jpg

さて、Menuは・・・
レモンフィッシュ&チップス with FPパン 
and ホームメイドバターマヨネーズ添え

低糖質パンから挽いたパン粉を使ってたらをバターで焼き、
今日はFPパンでミニバーグ風に仕上げました。
バターマヨネーズを添えて

ゆばのチーズキッシュ
半生ゆばをミルフィーユ状に重ねてパイにしました。
底はしっとり、周りはパリパリの2つの食感が楽しめます。
たまごにバター、チーズ、生クリーム、サーモンとタンパク質たっぷり♪
ゆばはラザニアにも応用できます☆

SPFオレイン豚の自家製ベーコン
先月使用した自家製ベーコンを是非!というリクエストをいただき
ご家庭でも簡単に手間なく出来る作り方をご紹介しました。
もうこれを食べてしまうと市販のベーコンが食べられなくなります。
添加物も一切なし!

オレンジクリームプリン
フランス産のFromage frais、他 北海道産90%グラスフェッドから作ったチーズやクリームを使って。
簡単だけど、濃厚でフレッシュで全くの無加糖のデザートです♡
使う素材さえよいものを選べば、実は「砂糖」なんかいらない。
素材がよいと量もほんの少しで大満足出来るのです!

他、レッスンでは
お1人ずつバターマヨネーズを作っていただき、お持ち帰り!
普通、植物油を使って作るマヨネーズですが、この油をバターに代えて作ります。
バター風味のマヨネーズです♪
植物油には実は深刻な問題がありますから。

料理教室なのでコース仕立てにしましたが、
食べる量や食べ方は人それぞれですから、
いろいろご自宅でアレンジしてくださいね。

コースでいただいても、糖質量は6-7gぐらいだと思います。

b0249307_1520452.jpg


ローカーボ料理のよいところは、とにかく素材のよさを堪能できること!
そして、何より身体に必要な栄養がしっかり摂れること。
加工品や添加物が自然に排除されること。

先日、マクロビの料理教室へ行かれた方が驚きの報告をしてくれました。
マクロビでは乳製品がご法度なので、チーズやクリームはもどきを作るらしいのですが、
その材料が「米粉」なんだそうです。
豆乳に甘酒や酒かす、みりん、米粉などでとろみをつけてクリーム状のものを作り
これまた穀物ベースの素材の上にかけるそうです。

私はすぐさま頭の中で
いったい糖質量は何十グラムになるの? 
それを食べたら血糖値はどのくらいあがるの?と
恐ろしくなりました。

これがヘルシー料理だと言うので。。。。罪は深いなあと思います。

マクロビや玄米菜食で糖尿病や癌になる人はとても多いそうです。
今思えば、食事のほとんどが炭水化物、穀物ではなるべくしてなるような
食事だったんだなあ。。。と。

最近、周りでも「健康のため発芽玄米を始めた」とか「ダイエットで玄米を始める」
という方がいて、正しい情報が伝わっていないもどかしさを感じます。
















*-----------------*-----------------*-------------------*

1年しっかり低糖質を遣り抜いたら
「低糖質の教室」をスタートさせよう!
そう、思っていました。

自分が出来ないことを人に勧めることは出来ないし、
自分で効果を確認できなければ、人に対して説得力がありません。
また春夏秋冬1年を通してみないと問題を探すことが出来ません。
まだまだこれからたくさん学んでゆことも多いですし、
軌道修正もあるかもしれませんが、確実な確信を得られたので
念願の教室スタートです!


この1年自分なりに手探りで試行錯誤しながら続けてきましたが、
特に「とても我慢した」とか「辛かった」「不便だった」「止めたくなった」とか
制限を受けていて窮屈だとか
そういうことは全くなく
むしろ
体調がすこぶるよくなりましたし、
これまで「糖」という存在に支配されていたものが
縛られることなく自由になったので、解放された気分です。
私にはいいことづくめでした。

それまで抱えていた多くの不定愁訴はほぼ消えてなくなってしまいましたし
美容の面でも、気になっていた部分が続けてゆくうちにみるみる改善してゆくので
それは表面的なことではなく、内側から改善されてゆく感覚。

また精神的にも非常に軽く楽になりました。
人間本来の生理や機能、遺伝子、代謝に忠実に沿った食事がもっとも
人間に負担のないものなのだと、実感しています。
人はそもそも「健康」に生きられるはずなのに、
何か選択ミスをしたため、「病気」になっています。
それが何なのか?を見つけたように思います。

初めは私1人で始めた「低糖質食」が、いつの間にか、周りには低糖質を理解し
やり始める方がとても多くなり、
今回のレッスンでも半分の方はすでに数ヶ月続けて
とてもよい効果を得ているようで、大変嬉しく思います!
仲間がいるって心強いですもの!

またずっと興味があったけれど、どのようなものか、どのように始めたらいいかが分からなくて・・・
という方も半分近く参加してくださって、本当に嬉しかったです。

周りの方がこの食を通して、元気に健康にそして美しくなってゆく変化は
傍から見ても分かるので
この「低糖質食」の素晴らしさを実感しております。
私もこの1年で私の中で驚くほど変わりました。
「もう後は歳を取ってゆくだけ、老化を受け入れてゆくだけ」と思っていたものが
数年前より状態がよくなっているのですから!
これは驚きです。

「低糖質食」を広めてゆきたい!という野望は全くありません。
でもたくさんの方に知って欲しいと願っています。
誰にとっても健康問題は切実です。
女性ならいくつになっても「綺麗でいたい」と思うのは当然のことです。

間違った食事法で健康を害している人がとても多いから
自分の体の声をちゃんと聞いてあげてほしいと思います。

実は、一昨日、友人が子宮ガンでなくなりました。
彼女だけではなく、この数年、若くして癌にかかり命を落とす人が私の周りでとても多いのです。
今も1人、親友のお姉さんが4年前に発症した乳がんでとても苦しみの中にいます。
ほとんどの人が癌になると選ぶのが「玄米菜食」や「マクロビ」などの
動物性食品を食べないという食事です。

世間では繰り返し繰り返し「野菜は体によい」「植物は人に優しい」という刷り込みがされています。
「野菜」=「健康、ヘルシー」と思っている方がなんと多いことでしょう。。。
しかし、多くの野菜を取っているヘルシーな人たちに何故?癌が多いのでしょう。
癌が克服できないのでしょう。たくさんの方が不定愁訴に悩み、健康になれないのでしょう。
多くの病気になるのでしょう。

今まで常識だと思っていたこと。
本当はそうではなかったら?

自分の体に不安があれば
今、ここで離れて少し回りを見回すことも大事かもしれません。
[PR]

by hkvege | 2015-05-09 14:23 | 料理教室 | Comments(0)
<< Kitcken tools low-carbohydrat... >>